カテゴリー: 未分類

任意整理のメリットとデメリット

借金の支払いを定期的に行えることで任意整理が決定するとしましょう。これによるメリットやデメリットがあれば確認をしておきましょう。

カードまずは、デメリットですが一般的に知られているブラックリストに名前が載ってしまいます。これにより、借金をした同系列のクレジット会社や銀行系などでは、二度とカードを作ることが出来なくなりますし、キャッシングも不可能となるでしょう。それだけではありません。系列でないカード会社であっても今後、5年~10年間はお金の借り入れができなくなります。これが俗にいうブラックリストです。

メリットは、債権者との手続きが完了した場合に、将来利息が免除されることでその後の支払いが早く完了するでしょう。また、よく聞かれる過払い金により債務の総額も減少することになるでしょう。また、いくつものカード会社との借金を整理する際に、全部の会社ではなくて、その中の一部債権者との任意整理を行うことができるのも可能であると言われています。

この任意整理ですが自分でも手続きすることができると言われていますが、個人での交渉になることから専門的な知識で太刀打ちできませんし、自ら先方に行かなければいけませんのでかなり大変で長期間に発展してしまうことからおすすめできません。

借金を早く解消するためにも弁護士に相談して、生活を立て直す努力をしましょう。


*関連記事*

債権者との和解交渉がカギ

弁護士との話し合いで、借金をどのように支払うのか協議します。その人の支払い能力や生活面などで問題がなければ、任意整理をすすめられることもあるでしょう。

ハンコところで任意整理をご存知でしょうか。これは借金の取引が始まった頃まで遡って金利を引き下げて計算し直してもらい、借金を減らしてもらうことが出来る方法です。金利がカットされ、元本のみの返済になるので負担が軽くなりますし、分割での支払いも代理人となる弁護士が交渉してくれます。こうした借金の整理をする手続きのことを任意整理といいます。

「任意整理」とは、取引開始時にさかのぼって利息制限法の上限金利(15~20%)に金利を引き下げて再計算すること(引き直し計算)により借金を減額した上で(※1)、原則として金利をカットし、元本のみを3年程度の分割で返済する内容の和解を貸金業者と結び、以後この和解内容に従って返済を続けることで、借金を整理する手続きです。

これは裁判所を通さないので話もスムーズに運びます。そのため、比較的早い段階で決着することが多いでしょう。手続きとしては、クレジット会社などの債権者に依頼を受けたことの受任通知を郵送します。この通知が相手に届けば完全に支払いに対する電話や怖い取り立ても中断されますので安心です。

債権者からは、取引履歴などの開示や利息についての確認がきますので、利息制限法を再計算することで、余計に支払った利息分を戻すことができるでしょう。この利息分を除いて、将来利息をカットすることで、今後数年間の分割払いを行えるように和解交渉がはじまります。そして和解ができれば、契約書を交わして返済がスタートするのです。


*関連記事*

弁護士の言葉に真摯に向き合う

名刺いつの間にか、借金が増えてしまいその支払いによって家計が圧迫されるのであれば、早急に弁護士に相談してください。銀行系のカード会社でも消費者金融であったとしても、その相談して契約を交わした時点で、その後のすべての交渉を弁護士が行ってくれますので、怖い電話からも逃れることが可能です。

ところで弁護士に相談するとどのような手続きを開始することになるのでしょうか。まずは、自分がどのようなクレジット会社や、信販会社、サラ金と呼ばれる消費者金融から幾ら借りているのか、リボルビングやボーナス払いなどの支払いがどれくらいあるのか、事細かな情報が必要になるので、請求書や支払明細書、引き落とし口座の通帳、給与明細は1年間くらい、給与が支払われる口座の通帳も数年間分は必要です。それに源泉徴収票や印鑑、身分証明書も準備してから相談に行きましょう。

その後は、弁護士との間でなぜこのような借金を抱えてしまったのか説明することになります。それは、ここで問題を解決するだけでは同じことを繰り返してしまう人が多いので、しっかりと意思確認されるのです。面倒くさいと思わないでください。あくまでも自ら作ってしまった借金を0円にすることや、支払い残高を減額してもらうための交渉を行ってくれる先生ですから、こちら側としても誠意ある姿勢で臨むことが必要でしょう。弁護士だって甘くはありませんので時には厳しい言い方をしますが、そこで自分の気持ちをしっかりと伝えて一歩前に進みましょう。


*関連記事*