債権者との和解交渉がカギ

弁護士との話し合いで、借金をどのように支払うのか協議します。その人の支払い能力や生活面などで問題がなければ、任意整理をすすめられることもあるでしょう。

ハンコところで任意整理をご存知でしょうか。これは借金の取引が始まった頃まで遡って金利を引き下げて計算し直してもらい、借金を減らしてもらうことが出来る方法です。金利がカットされ、元本のみの返済になるので負担が軽くなりますし、分割での支払いも代理人となる弁護士が交渉してくれます。こうした借金の整理をする手続きのことを任意整理といいます。

「任意整理」とは、取引開始時にさかのぼって利息制限法の上限金利(15~20%)に金利を引き下げて再計算すること(引き直し計算)により借金を減額した上で(※1)、原則として金利をカットし、元本のみを3年程度の分割で返済する内容の和解を貸金業者と結び、以後この和解内容に従って返済を続けることで、借金を整理する手続きです。

これは裁判所を通さないので話もスムーズに運びます。そのため、比較的早い段階で決着することが多いでしょう。手続きとしては、クレジット会社などの債権者に依頼を受けたことの受任通知を郵送します。この通知が相手に届けば完全に支払いに対する電話や怖い取り立ても中断されますので安心です。

債権者からは、取引履歴などの開示や利息についての確認がきますので、利息制限法を再計算することで、余計に支払った利息分を戻すことができるでしょう。この利息分を除いて、将来利息をカットすることで、今後数年間の分割払いを行えるように和解交渉がはじまります。そして和解ができれば、契約書を交わして返済がスタートするのです。


*関連記事*